胡蝶蘭などの花をプレゼントしよう│幸せギフト検索隊

お悔やみシーンで贈る

マナーをわきまえる

胡蝶蘭のギフトは、祝い事シーンに限られているわけではありません。誕生日ギフトや開業祝いのギフト以外でも、お悔やみシーンで利用されることは多くあります。お悔やみで胡蝶蘭を贈る場合は、花に添えるメッセージカードなどもマナーを考慮して作成しておくのが良いでしょう。基本的にギフトとなると、ピンクの胡蝶蘭も贈ることがありますが、お悔やみシーンであれば白の胡蝶蘭を選ぶのがポイントです。基本的にお悔やみ事は白や黒のモノトーンカラーが基本となっているので、花を贈る場合も白を選ぶのが基本です。故人を失った悲しみなどを癒してくれるので、胡蝶蘭はお悔やみの花として重宝されています。贈るときに添えるメッセージカードなどには遺族への励ましの言葉などを添えておくのも良いでしょう。

相場を知ろう

祝い事のギフトで贈る場合とは違い、お悔やみで胡蝶蘭を贈る場合は、関係性によって変わる相場を理解しておくと良いでしょう。基本的にお悔やみの贈り物は友人や知人の場合であれば1万円から1万5千円程度と言われています。身内の場合であれば3万円程度の胡蝶蘭を選んでも良いでしょう。加えて、ビジネスシーンで深い関わりを持っていた相手なども3万円程度の胡蝶蘭が良いと言われています。1万円程度の胡蝶蘭でも通販サイトを利用すればかなり立派なタイプを注文することができます。花の量や大きさによって鉢の大きさも変わってくるので、相場だけにとらわれるのではなく、贈る相手に合わせて大きさを変えるのも1つの方法です。